時効の援用について

時効の援用について

時効の援用というのは、借金が消滅時効を迎えるときにこの借金については時効であるということを通知することです。これは債務者が債権者に対して行うものです。これを行うことで、法的にも借金の返済をする必要がなくなります。

 

身に覚えの無い借金や、不当な借金の場合はこれで帳消しとなって嬉しいものですが、悪用を防ぐためにも色々な制限がついているため、それがデメリットにもなっています。

 

たとえば、住民票を新しく移すことが難しいです。業者が頻繁に督促をしかけてきたり、訴えてくるためには住所などの個人情報が必要になるのですが、引越しを行い、住民票を移してしまうと業者に筒抜けになってしまいます。ですから、住民票を移すことが援用の完了までできず、いろいろ不便です。また、督促を恐れて生活するようになるのでストレスも非常に強いです。

 

また、時効が中断されているケースだと、こちらは時効の援用ができると思っても効果がありません。

 

そして、時効の援用ができなかった場合には、その支払いをしていない期間の間に借金がどんどん利息を吸って大きくなってしまっています。時効が成立するためには最後の支払いから最低5年が必要ですから、それだけの利息が上乗せされた借金を抱えることになってしまうのです。

 

また、時効の援用が行われた場合でも、5年を過ぎれば再び金融機関でローンを組むことは可能です。後は個人の支払い能力や信用情報の問題で借入の可否が決まります。

 

時効の援用を狙って行うというのは、問題のある借金で無い限りは道徳的には良いことではありませんから、返済が難しい場合は債務整理の手続きを踏む方が後々にまで良い影響があると考えられます。