日焼けしてしまったら直後のケアが最重要

日焼けしてしまったら直後のケアが最重要

夏の強い日差しを浴びるとすぐに日焼けします。冬でも天気が悪い日も紫外線はありますので日焼け止めをしっかりと塗っておかないと日焼けをしてしまいます。

 

日焼け止めを忘れたり、日焼け止めを塗っても日焼けしてしまったという場合はすぐにケアをしないと肌に大きなダメージが残ってしまいます。では、何をすればいいのかというと、まず冷却するということが大事になります。

 

日焼けというのは火傷なので最初はしっかりと冷やしましょう。冷やし方は15℃くらいの冷水で冷やすか、保冷剤をタオルで巻いたりして冷やしてください。ちなみに顔の場合は冷やしたシートマスクを使うことで冷却も保湿も出来ます。これらは日焼けをしたら出来るだけ早く、遅くとも翌日までにするようにしてください。早めに対処しないと元に戻りにくくなってしまいます。

 

ちなみに冷やして保湿をすれば終わりではなく、火照りが収まっても肌内部の乾燥と炎症は続いていますので鎮静作用のあるローションなどを塗布して乾燥と炎症を抑えるようにしてください。

 

さらにそれと同時にインナーケアもする必要があります。紫外線を浴びる事でメラニンが過剰分泌しようとするので、それを防ぐためにビタミンCやL-システインなどの抗酸化作用のある成分を摂取するようにしてください。

 

もちろん完璧にメラニンの生成を抑制するということはできませんが、とにかくケアすればそれだけでもかなりの違いが出てきます。また、そのケアは1ヶ月くらいは続けてみるとより効果的です。