ダイエット中といえども必要なカロリーはあります。

ダイエット中といえども必要なカロリーはあります。

ダイエット中でも必要といわれているカロリーを、具体的に紹介しましょう。健康診断などで、BMIという言葉を聞いたことはあるでしょうか?

 

BMIはボディ・マス・インデックスの略で、WHO(世界保健機構)が提唱している肥満度を判断する基準です。BMIの数値は、身長の2倍を体重で割ると算出できます。さらに、身長の2倍にBMIをかけると標準体重を算出することができます。

 

しかしこれは世界的な標準体重ですから、日本人にとっては、ややぽっちゃりめの体重になってしまいます。日本の女性の理想体重はぽっちゃりよりスリムよりなので、BMIを少し減らして計算すると美容体重を導き出せます。この美容体重での必要カロリーを参考にすると、ダイエット中でも一日に必要な適正カロリー量がわかります。

 

運動量が少ない人の必要カロリー
目標体重が45kg、30代〜40代の女性では、1日に必要なカロリーは1465kcalとされています。10代〜20代の女性が1593kcal必要なのに対して、年齢を重ねた分の減少率が現れています。30代〜40代の女性が体重50kgを目標にしている場合、、一日の摂取カロリーは1628kcalが適当です。

 

このように、年代別や目標体重別に、必要なカロリーの量は異なってきます。ダイエット本などたまに見かけますが、一日に1200kcal、1000kcalなどかなり少ないカロリー量の食事法がすすめられている場合がありますが、これでは一食にわずか300〜400kcalしか摂ることができません。

 

いくら体をあまり動かさないといっても、これでは必要カロリーから著しく少なく、体力の衰えなど不健康な影響を及ぼします。また、カロリーを制限しすぎることで血行不良や、体の機能の低下、さらに代謝が落ちてしまう可能性も高まるため、標準的な必要カロリーを大幅に下回るカロリー制限は控えたほうがよいでしょう。

 

摂りすぎたカロリーは、燃焼して消費する
食べすぎや飲みすぎは、ダイエットの敵であるばかりか、体の正常な機能に支障をきたす原因にもなります。そのため暴飲暴食はもちろん、過剰な飲食は控えるのが理想ですが、万が一食べ過ぎてしまった場合は体を動かしてエネルギーを燃焼することをおすすめします。

 

また、カロリーをコントロールしてくれる成分のサプリメントなどを補助的に利用する方法もあります。